やっぱり、ラテンポップはバラードに帰結する、ルイス・フォンシの「EXITOS 98:06」
Exitos: 98:06
Exitos: 98:06
Luis Fonsi

2006年にリリースされた、ルイス・フォンシ(Luis Fonsi)の「EXITOS 98:06」(翌年デラックスエディションリリース)。ここには、デビューアルバム「Comenzare(1998)」から「Paso a paso(2005)」まで、5枚のスペイン語アルバムから選りすぐった11曲と、未発表作品2曲が収められている。特に2003年までのヒット曲については、ほぼ全てを網羅していると言ってもよい。唯一の英語盤「Fight the feeling(2002)」の曲が全く収録されていないことも、むしろ潔いと評価できるだろう。プロデュースはレベルデ(RBD)やラ・キンタ・エスタシオン(La 5a estacion)を手がけたアルマンド・アビラが担当した。

さて、ここに収められたフォンシの伸びのある美しいボイスで語られるバラードの数々を聞くと、つくづくラテンポップは、バラードに帰結するのだと思わずにいられない。特にフォンシの場合、短調のスローからわずかにテンポが早いバラードで、かつサビの感情的な盛り上がりがとても劇的であるような曲において、彼の長所を一番生かすことができるように思える。例えば、3曲目の「Nada es para siempre」や、5曲目の「Me matas」のようなスタイルの曲である。もちろん、「 Quisiera poder olvidarme de ti」のようなスローのラテン定番バラードも、それなりに彼の世界に浸れて良いと思うのは事実だ。

ただ、このジャンルは数多くの同郷人や他国のライバルがしのぎを削るラテンポップの主戦場とも言え、彼の魅力を100%引き出せる上述のようなスタイルで勝負する必要があるのだろうと感じる。
続きを読む >>
オススメCD | 08:47 | author : 4391
- | - | - | - |
最大の売りはルックス?ではなくて透明感のある音楽、イミグランテスのデビューアルバム「Turistas en el paraiso」

Turistas En El Paraiso
Inmigrantes

デビュー直後からラテンアメリカ諸国や、スペインでも注目の的になっているのが、アルゼンチンのイミグランテス(Inmigrantes)だ。カルロス(Carlos)とパブロ(Pablo)という双子の兄弟によって結成されたこのグループは、レッド・ツェッペリンやディープ・パープルなどの音楽に影響を受けて16歳頃からブエノス・アイレスのバーでライブを行うようになり、やがてメキシコ出身のプロデューサー、エットーレ・グレンシー(Ettore Grenci)の目に留まった。そして彼らは2000年にデビューし、早速同年MTVラテンにて南米最優秀新人を受賞、さらにアルゼンチンのクラリン賞やガーデル賞、スペインのプリンシパル賞にもノミネートされた。今日はこの快挙のきっかけとなったデビューアルバム「Turistas en el paraiso」を紹介したい。

収録全12曲は、いくつかの例外を除いてカルロスとパブロが作曲した。プロデュースは、エットーレ・グレンシー、ディレクターはアルゼンチンの作曲家アフォ・ベルデ(Afo Verde)が担当した。アルバムから最初に流れてくるのは、シングルカットもされた「Grafitti」。ビートの良く効いたロック・ポップだ。こうしたスタイルの曲はデビューシングル「Golpe de suerte」や、ギターのエフェクトを一杯に効かせた「Nuevo trip」など数曲ある。特にシングルカットされた2曲がこうした路線なので、一見彼らの音楽はミドルからアップテンポのロック・ポップだと紹介してしまいそうだ。
続きを読む >>
オススメCD | 23:51 | author : 4391
- | - | - | - |
タイトルがキーフレーズ、レイリがソロで魅せてくれるアルバム「Fe」

fe
Fe(フェ)
Reyli

さて、先週はメキシコのエレファンテ(Elefante)を紹介したのだが、それでは離脱した元ボーカルのレイリ・バルバ(Reyli Barba)はその後どうなっているだろうか。それを知る手がかりとして、2007年4月に発売された彼の最新アルバム「Fe」を紹介したい。

そもそも「Fe(フェ)」という言葉を日本語で表現するのは非常に難しい。何者かに対する信頼や信用のことなのだが、正確にはどちらかというと宗教上の信仰という概念に近い。このアルバムでは、メキシコのチアパス州で生まれて2000年代初頭にエレファンテによって一世を風靡した彼が、「フェ」をテーマに歌った13曲が収められている。その多くが、スローからミドルテンポの成熟したサウンドによって成り立っているのが特徴的だ。

全体のイメージは、1曲目の「Todos caben」を聴くだけでおおまかに把握することができるだろう。このミドルテンポのオルタナティブは、これから始まるアルバムの構成や印象を予言してくれている。さらに9曲目「No me hace falta nada mas 」と、12曲目「Llueve Y llueve 」によってこのイメージが強調される。いずれも導入部のアコースティック・ギターのソロがたっぷりと大人の魅力を感じさせるミドルテンポの静かな曲である。このような成熟したサウンドは、レイリがソロだからこそ実現できたと確信させてくれる。
ニキビケア

続きを読む >>
オススメCD | 19:33 | author : 4391
- | trackbacks(0) | - | - |
優れたできばえに思わず唸り声、アンドレス・カラマロ「La lengua popular」

andres
La Lengua Popular
Andres Calamaro

そのビジュアル的なインパクトから、思わず『異色の』シンガーと紹介したくなるアルゼンチンのアンドレス・カラマロ(Andres Calamaro)。その最新アルバムは、「La lengua popular」だ。

まず、アルバムのジャケットに目が引かれる。Liniersというペンネームで知られる、アルゼンチンの若き漫画家リカルド・シリ(Ricardo Siri)によるこのデザインは、とてもユニークで面白い。舌を突き出す人々? のようなものがひしめく様は、さながらメキシコのオアハカ地方にある民芸品店の店先だ。

また、無限の解釈の余地を残したタイトルが実に魅力的である。Lenguaは「舌」「言語」「表現」、またPopularも「流行」「民衆」「通俗」など多様な意味を持つ単語であり、2つを組み合わせたこのタイトルが何を暗示するかについては、表現しつくせないくらい多くの可能性を持っている。

さらに、カチョロ・ロペス(Cachorro Lopez)がプロデュースを手がけたことで、その完成度に対する期待がぐっと高まった。というのも彼はこれまでに数多くの一流アーチストの作品を手がけており、フリエタ・ベネガス「Sal y limon」では2001年グラミー・ラテン(最優秀プロデューサー)を受賞した実力派なのだ。これほどの好条件に恵まれたアルバムが魅力的でないはずがない。
ビーグレン

続きを読む >>
オススメCD | 11:16 | author : 4391
- | - | - | - |
落ち着いた音楽はさすがアルゼンチンロック界最高峰のゆとりか、フィト・パエス(Fito Paez)
Rodolfo
Rodolfo

セシリア・ロスとガエル・ガルシア・ベルナルの名演技が光る映画「ブエノスアイレスの夜(原題『Vidas Privadas』、2001年)」。この作品でメガホンを取ったのが、アルゼンチンのロックミュージシャンで作曲家のフィト・パエス(Fito Paez)だ。

パエスは1963年3月13日にロサリオにて、ピアニストの母と哲学者の父の子として生まれた。不幸なことに母親は生後8か月の時に他界してしまう。音楽的にはビートルズやディープ・パープル等の影響を受けたパエスは、13歳の時から音楽活動を開始。同じロサリオ出身のフアン・カルロス・バグリエット(Juan Carlos Baglietto)に誘われてブエノスアイレスに上京した。

アルゼンチンロック界の重鎮として活躍していたチャーリー・ガルシア(Charly Garcia)に見出された彼は、アンドレス・カラマロ(Andres Calamaro)の後任としてバンドにも参加した後、1984年にアルバム「Del'63」でソロデビューした。1980年代後半から彼の曲は注目を浴びるようになり、1992年にリリースしたアルバム「El amor despues del amor 」がアルゼンチンロック史上最大のセールス記録を樹立するに至ってパエスの人気は確固たるものとなった。
続きを読む >>
オススメCD | 21:40 | author : 4391
comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コラボとは名ばかり、に見えて実は極めてコラボなアルバム「El Tiempo de Las Cerezas」
El Tiempo de Las Cerezas
El Tiempo de Las Cerezas
Enrique Bunbury, Nacho Vegas

複数のアーチストによるコラボと銘打たれたアルバムがに陥りがちなのは、結局いずれか一方のカラーが強くにじみ出てしまうというパターンだ。しかしながらスペインの「ブンブリー&ベガス(Bunbury & Vegas)」による2006年のアルバム「El Tiempo de Las Cerezas」は一味違う。

エンリケ・ブンブリー(Enrique Bunbury)はエロエス・デル・シレンシオのボーカリストとしてデビューし、「Radical Sonora(1997)」によりソロ活動を始めた。一方ナチョ・ベガス(Nacho Vegas)はスペインにおけるインディーズ・ロックの主要なアーチストのひとりとして「Actos Inexplicables(2001)」でデビューしている。この異なる2つの個性がコラボレーションするとは一体いかなるものなのかと、リリース前から注目が集まっていたことは想像に難くない。
続きを読む >>
オススメCD | 22:05 | author : 4391
comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2008年初頭から過去を懐かしんでみる、ソーダのベスト「Lo Esencial」
soda
Lo Esencial
Soda Stereo

新年早々必然性がないと言われればその通りだ。しかし紅白にも米米CLUBが出ていたことだし、今日は20年遡ってソーダ・ステレオ(Soda Stereo)「Lo Esencial」を聞いてもらいたい。

ソーダはアルゼンチンのロックバンド。メンバーはグスタボ (Gustavo Cerati)、セッタ (Zeta Bosio)、チャーリー (Charly Albertei)の3人で、80年代後半から90年代前半までラテンアメリカを席巻した。1997年末に解散したのだが、昨年再結成話が持ち上がり、9か国で22回に渡る公演を行った。

「Lo Esencial」はコンピレーション「Zona de Promesa(1994)」、およびこれまで発表された7枚のスタジオ収録アルバムから選りすぐった15曲を収録している。
続きを読む >>
オススメCD | 12:47 | author : 4391
comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
才能は十分、今後は独自の世界を表現してくれることに期待したい「セクエンシア」
Sequencia
Sequencia

再びキコ・シブリアンがプロデュースしたレイク(Reik)2006年のアルバム「セクエンシア」。レイクはメキシコ北部のアメリカとの国境の町、メヒカリにて2003年に結成されたポップ・ロックバンドだ。

メンバーは当初ヘスス・アルベルト・ナバロ・ロサス(ボーカル)とフリオ・ラミレス・エギア(アコースティックギター)の2人で、メヒカリを中心にインディースとして活動を開始し、ライブを通じて着実にファンを獲得していった。2004年に入ると、ヒルベルト・マリン・エスピノサ・"ビビ"(エレキギター)が加入し、翌2005年5月にキコ・シビリアンのプロデュースでアルバム「レイク」によりメジャーデビューを果たした。2007年1月からは「セクエンシア」ツアーが開始され、メキシコ、中南米地域はもとよりアメリカにおいても精力的にライブ活動を展開している。

さて「キエン・デシデ・エス・エル・アモール」および「サーベス」という、比較的スローテンポでメロウなスタイルの曲で始まるこのアルバムは、全体としてアコースティック感が強く、透明度の高い澄んだ曲が主体となって構成されている。こうしたテイストの曲は随所に散りばめられているが、最終11曲目の「アオラ・シン・ティ」がその代表格だ。この曲を一度聴けば、レイクの十八番はこうしたスローテンポ・バラードだということと、彼らのこうしたメロウな曲は本当に味わい深いのだということが心から納得できるだろう。一方でシングルカットされた6曲目の「インビエルノ」は、テイストの異なるミドルテンポの曲であるが、やや厚めにかかったBGMと裏声のかかった彼らの歌声のコンビネーションがすばらしく、彼らの音楽スタイルの幅広さを感じさせてくれる。
続きを読む >>
オススメCD | 01:44 | author : 4391
comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
音楽は超ノリノリ、ジャケットはちょっとノリ過ぎ? 「エル・ディスコ・デ・トゥ・コラソン」
El Disco de Tu Corazon
El Disco de Tu Corazon

アルゼンチンの「『メロドラマチック』・エレクトリック・ポップス」グループ、ミランダ!(Miranda!)の最新作が本日紹介する「エル・ディスコ・デ・トゥ・コラソン」だ。プロデューサーはディエゴ・トレス、ベラノバ、フリエッタ・ベネガスらのプロデュースでおなじみの実力派カチョロ・ロペス。

このアルバム、ジャケット正面の赤を背景に黄色で「M」が輝いている様が何ともいえず世界的な大手ファーストフードチェーンっぽい。とジャケット裏面を見るとそこにはまんまファーストフード店員のユニフォームを着たフリアナの姿が。さらに他3人の男たちも何からインスピレーションを得ているのか、各々必然性のない衣装を身にまとい、表現したかったテーマが理解できないくらいの域に達している。

続きを読む >>
オススメCD | 02:07 | author : 4391
comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
これは買い! スペインの『太陽の貴公子』ダビ・ビスバル日本デビューアルバム
ダビッド・ビスバル~太陽の季節(初回限定スペシャル・プライス) ダビッド・ビスバル~太陽の季節(初回限定スペシャル・プライス)
日本一時帰国記念ということで、今週紹介するのがスペインのダビ・ビスバル(David Bisbal)の日本デビューアルバム「ダビッド・ビスバル〜太陽の季節〜」。ダビ(ッド)については既に何度も紹介しているとおり、視聴者参加型オーディション番組「オペラシオン・トリウンフォ」ファイナリスト3のうちの1人である。
さて今年に入り彼の「オジェ・エル・ブーン」が郷ひろみによって「ブーン・ブーン・ブーン」としてカバーされるとともに、ダビの日本デビューが実現した。5月に発売されたこのアルバム、「空に輝くのが太陽ならば、地上で輝くのは"太陽の貴公子"ダビッド・ビスバル」と熱く、そして力強くダビを紹介している。そして贅沢な収録曲の数々。「コラソン・ラティーノ(2002)」から4曲、「ブレリア(2004)」から6曲、「プレモニシオン(2006)」から4曲のほか、「ダビ・ビスバル(スペシャル・エディション・2006)」からも英語曲3曲が提供されており、価値あるベスト盤となった。
続きを読む >>
オススメCD | 05:08 | author : 4391
comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
 
CALENDAR
 
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
NEW ENTRIES
 
 
CATEGORIES
 
 
RECENT COMMENTS
 
  • 華奢ながら芯の強い声のチェノア、いずれジェニファーのように光り輝く存在となるか?「ナダ・エス・イグアル」
    Mたろう (10/11)
  • 華奢ながら芯の強い声のチェノア、いずれジェニファーのように光り輝く存在となるか?「ナダ・エス・イグアル」
    ボブカーリー (10/07)
  • 華奢ながら芯の強い声のチェノア、いずれジェニファーのように光り輝く存在となるか?「ナダ・エス・イグアル」
    だいすけ (10/01)
  • 華奢ながら芯の強い声のチェノア、いずれジェニファーのように光り輝く存在となるか?「ナダ・エス・イグアル」
    ろぶすたー☆ (09/25)
  • 華奢ながら芯の強い声のチェノア、いずれジェニファーのように光り輝く存在となるか?「ナダ・エス・イグアル」
    なめたけ君 (09/18)
  • 華奢ながら芯の強い声のチェノア、いずれジェニファーのように光り輝く存在となるか?「ナダ・エス・イグアル」
    おか田おか蔵 (09/11)
  • 華奢ながら芯の強い声のチェノア、いずれジェニファーのように光り輝く存在となるか?「ナダ・エス・イグアル」
    きなこもっちぃ (09/04)
  • 華奢ながら芯の強い声のチェノア、いずれジェニファーのように光り輝く存在となるか?「ナダ・エス・イグアル」
    バンデラス (08/31)
  • 華奢ながら芯の強い声のチェノア、いずれジェニファーのように光り輝く存在となるか?「ナダ・エス・イグアル」
    ぱんぱんぢぃ (08/21)
  • 華奢ながら芯の強い声のチェノア、いずれジェニファーのように光り輝く存在となるか?「ナダ・エス・イグアル」
    すぷらっしゅ (08/15)
 
RECENT TRACKBACK
 
 
MOBILE
 
qrcode
 
LINKS
 
 
PROFILE
 
 
PAGETOP